サービス内容

自然環境調査や解析、環境保全活動、環境教育などの
コンサルティング事例を一部ご紹介します。

実績リストはこちら

お客様の環境保全への取り組みにおいて、お手伝いさせていただいた事例の一部をご紹介いたします。なお、お客様のご都合により、具体的な社名や場所を公開できない事例もあります。

(仮)札幌市ヒグマ対策基本計画素案作成業務事業主:札幌市 | 地域:北海道 | 実施:2016.

市内の自然環境・人為要素及びヒグマ出没情報等を基にゾーニング図案を作成し、検討委員会等での意見を踏まえ、ヒグマ対策基本計画の素案を作成した。

平成28年度自然環境保全基礎調査 植生調査植生図作成業務(北海道ブロック2)事業主:環境省 | 地域:北海道 | 実施:2016.

航空写真や既存文献情報及び現地調査結果を基に、北海道南部の整備対象地域の植生図を作成するとともに、当該地域のGISデータの整備を行った。

大崎地域生物多様性基礎調査業務事業主:大崎市 | 地域:宮城県 | 実施:2016.

江合川,鳴瀬川について動植物調査を実施し,持続可能な地域づくりの基礎調査として,生物多様性モニタリングを実施するための指標種のリスト化を行った。

平成28年度指定管理鳥獣(イノシシ)生息状況等調査業務事業主:福島県 | 地域:福島県 | 実施:2016.

原発事故後出没や被害増加が顕著となったイノシシについて生息状況を調査し指定管理鳥獣捕獲等事業の効果等の評価・検証のための基礎資料を作成した。

事業所敷地における生物多様性調査(いきものモニタリング調査)事業主:積水化学工業(株) | 地域:茨城県 | 実施:2016.

事業所敷地内及び周辺緑地において生きものモニタリングシートを用いた社員参加の生きもの調査、及び事業所内の植生について簡易の評価を行った。

北茨城周辺の林相区分図及びGISデータ作成業務事業主:(国研)森林総合研究所 | 地域:茨城県 | 実施:2016.

森林の多面的機能の総合評価のために、1975年と2012年のオルソ画像を判読し、林相区分図を作成するとともに、GISデータの整備を行った。

平成28年度日光国立公園戦場ヶ原植生復元施設事業(シカ侵入防止柵)効果把握業務事業主:環境省 | 地域:栃木県 | 実施:2016.

日光国立公園戦場ヶ原に設置されているシカ侵入防止柵内に侵入しているシカの区画法による全頭数調査を行った。

統合河川環境整備委託(八代1植生調査その2)事業主:千葉県 | 地域:千葉県 | 実施:2016.

成田市八代地先の北印旛沼に整備された植生帯の植生を調査し、沈水植物が発芽・生育するための適切な維持管理を行った。

イノシシ及びニホンジカ捕獲マニュアル作成業務委託事業主:千葉県 | 地域:千葉県 | 実施:2016.

イノシシ及びニホンジカの捕獲を促進するため、わなによる捕獲の手順やポイント等をまとめた初心者向けの捕獲マニュアルを作成した。

平成28年度オール東京62市区町村共同事業「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」生物多様性の保全に関する研究業務委託事業主:(公財)東京市町村自治調査会 | 地域:東京都 | 実施:2016.

都内基礎自治体の生物多様性施策を推進するため、自治体参加のワークショップの成果を反映した地域戦略策定のガイドライン案の作成等を行った。

「(仮称)世田谷区生物多様性地域戦略」策定支援業務委託(平成28年度)事業主:世田谷区 | 地域:東京都 | 実施:2016.

世田谷区生物多様性地域戦略の策定に向け、各種会議・打合せ運営補助等の支援を行うとともに、地域戦略の作成、また区民向け啓発冊子の作成を行った。

2016年度足立区都市農業公園インタープリテーション業務事業主:足立区 | 地域:東京都 | 実施:2016.

足立区立公園の指定管理業務であり、公園内の日常管理及び観察会等のイベントの運営などを行った。

特定外来生物防除等推進事業に係る平成28年度関東地方アルゼンチンアリ防除等業務事業主:環境省 | 地域:東京都、神奈川県、静岡県 | 実施:2016.

特定外来であるアルゼンチンアリ防除の効果的手法等の検討を進めるにあたり、生息状況のモニタリング調査及び対策連絡会議運営運営を行った。

ブルートライアングルプロジェクト基礎調査委託(その2)事業主:大田区 | 地域:東京都 | 実施:2016.

アオスジアゲハをシンボルとしたアゲハチョウ類の舞う魅力ある空港臨海部を形成する構想(ブルートライアングルプロジェクト)推進のための各種調査を行った。

平成28年度シカ生息実態等調査委託事業主:東京都 | 地域:東京都 | 実施:2016.

多摩地域のニホンジカについて、第4期第2種東京都シカ管理計画に基づき生息状況、生息環境、被害状況、個体情報等の実態を調査した。



ページの先頭へ戻る