会社情報

環境宣言 2021年度版(2021年5月~2024年4月)

基本理念

株式会社地域環境計画は、地球環境・生態系・生物多様性の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織を挙げて環境影響・環境負荷の低減と環境保全に努力します。また、当社の特性を活かし特に生態系・生物多様性保全の面で社会貢献に努めます。

方 針

株式会社地域環境計画は、業務(自然環境保全業務の調査、計画・設計、コンサルティング及び鳥獣被害対策用品等の販売など)に係わるすべての活動、サービス及び製品の環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境・生態系・生物多様性の保全と生きものと共生する地域づくりに貢献することを目指します。また、自己評価結果を社内に周知することによって、当社の基本理念が一層定着することを目指します。

  • 当社の活動、サービス及び製品に係わる環境影響を常に認識し、環境破壊、環境汚染、生態系・生物多様性の劣化の予防と環境保全を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。なお、環境保全には持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応などを含みます。
  • 当社の活動、サービス及び製品に係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  • 当社の活動、サービス及び製品に係わる環境影響のうち、以下の項目を環境改善目標として取り組みます。
    • 使い捨て乾電池の使用量削減を行う。
    • 現地調査等の活動実施時の生態系・生物多様性へのインパクトについて正しい知見を持ち、自然環境への影響を最小にする行動を身に着ける。
    • 事業所周辺の緑化活動を行い、安全でレジリエントのある持続可能な都市空間を実現する。
    • 各事業所におけるCSRの取り組みを推進する。
    • 省エネルギー(事業所内の電気使用量)の取り組みを着実に実施し、削減する。
    • 事業で使用する事務用紙を可能な限りグリーン購入法適合再生紙に転換する。
  • 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全社員に周知するとともに、一般の人々が入手できるようにします。上記の方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し、環境マネジメントシステムを推進します。

制定日2021年5月1日
株式会社地域環境計画
代表取締役 髙塚 敏

KES環境マネジメントシステム 登録証
「KES環境マネジメントシステム」の認証を取得

株式会社地域環境計画は、2013年11月「KES環境マネジメントシステム」の認証を取得いたしました。企業活動における組織的・計画的な環境保全、生物多様性保全の取り組みを実行し、社会的な責任を果たします。




ページの先頭へ戻る