サービス内容

地図で見える化する自然の見える化

生きものたちの生活を地図にする

生きものをとりまく複雑な環境

生きものをとりまく複雑な環境生きものの生息環境は、それぞれの種に応じた環境の複雑な組み合わせにより成り立っています。
どのような環境が、その生きものの生息にどのように関係しているか。何か変化があれば、その生きものの生活はどれだけ影響を受けるのか。
それらをちいかんの技術と経験で明らかにすることにより、生きものを取り巻く環境全体を評価し、未来に向けた提案が可能になります。

生きものたちの生活を地図にする

生きものたちの生活を「見える化」するのに最もシンプルで、効果的な方法は、GIS(Geographic Information Systems:地理情報システム)を使ったマップ作成です。
コンピュータ上でさまざまな地図を重ねあわせることにより、その地域で生きものが置かれている現状や、本来好む環境、環境に変化があった場合の予測などを、誰にでも分かる形で表現することができます。

  • さまざまな地図の重ね合わせで「見える化」
    さまざまな地図の重ね合わせで
    「見える化」
  • 飛翔データの集計
    鳥などの飛翔データを集計し
    行動の特徴や重要な地域を推定
この解析では以下の点に注意する事がとても大切です。
  • 地図の精度を管理して、解析にふさわしい情報を収集すること
  • その地域の、その生きものに応じた環境の情報を、間違いなく選ぶこと
  • できあがった地図から、新しい情報を正しく読み取ること



ページの先頭へ戻る