会社情報

情報セキュリティ基本方針

1. 基本理念および目的

株式会社地域環境計画(以下「当社」という。)では、自然環境にかかわる情報提供・マネージメント・啓発教育を行う中で、業務運営上の重要情報や個人情報など、セキュリティ事故が発生した場合にはきわめて重大な結果を招くものを数多く扱っている。これらの情報および情報システムをさまざまな脅威から防御することは、お客様の信頼を保持し、競争力を維持していくためには必要不可欠な経営課題である。

当社が情報セキュリティを確保するための基本的な考え方や方向性を示すため、情報セキュリティ基本方針をここに定める。当社の情報を扱う全ての従業者は、情報セキュリティの重要性を認識し、本方針を遵守しなければならない。

2. 適用対象範囲

情報セキュリティ基本方針が適用される対象範囲を以下のように定める。

(1) 情報
  • 書面に記載された情報。
  • 電子化された情報。
  • 当社が作成した法人文書(作業途中のものも含む)。
  • 当社以外から入手した情報。
  • 個人情報。
(2) 情報システム
  • 情報を電子的に処理するためのハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク。
  • 情報システムの運用管理及び保守に必要な文書。
(3) 従業者
  • 当社の指揮命令に服している者のうち、それぞれの管理対象である情報及び情報システムを取り扱う者。

3. 情報セキュリティ水準の維持と継続的対応

情報や情報技術を取り巻く変化に応じて、セキュリティ水準を将来にわたって適切に維持していくため、当社は情報セキュリティ関連規則の見直しを定期的に行い、必要に応じて項目の追加や内容の充実を図ることとする。

4. 情報セキュリティ関連法令等の遵守

当社および従業者が情報セキュリティ対策を実施する際には、個人情報保護法、不正アクセス禁止法など、情報セキュリティ関連法令及び規則等を遵守しなければならない。

5. 罰則

従業者が情報セキュリティ基本方針及び関連規則に違反した場合には、就業規則に基づき処分を行うことがある。

2014年5月1日
株式会社地域環境計画
代表取締役 髙塚 敏




ページの先頭へ戻る