サービス内容

実績一覧

2019年度(元請)

業務件名 事業地 事業主 業務概要・キーワード
(2018年度まではテクリスキ-ワ-ドを掲載しています)
平成31年度環境に配慮した再生可能エネルギー導入検討に向けた植生調査植生図作成委託業務(北海道ブロック1) 北海道 環境省 専門家ヒアリングや計画書作成、植生判読及び現地調査を行い、各種会議に出席の上、植生図を作成した。
令和元年度阿寒摩周国立公園つつじヶ原におけるハイマツ枯損状況等調査業務 北海道 環境省 ハイマツの枯損状況を把握し、枯損要因の可能性のある昆虫を同定するとともに、地域住民が実施した簡易モニタリング調査結果を取りまとめた。
令和元年度傷病鳥獣対応に関する分析検討業務 北海道 環境省 傷病鳥獣対応に係る過去20年のデータを用い、表現統一やGISデータ調整を行った上で、傷病鳥獣の発生状況等を簡易分析した他、データ活用可能性を検討した。
街路樹診断業務(その5) 北海道 札幌市 10路線464本の街路樹を対象として、樹木医による樹木診断を実施し、診断カルテを作成するとともに、容姿診断、健全度診断を行い、総合評価した。
平取地域イオル再生事業水辺空間自然素材モニタリング調査等委託業務 北海道 平取町 自然素材である植栽種のモニタリングの実施し、現況及び経年変化を把握するとともに、育成等に関する技術指導を行った。
平取地域イオル再生事業水辺空間基礎調査等委託業務 北海道 平取町 イオル再生事業水辺空間におけるガマ生育環境の把握、動植物相の把握、利活用に向けた情報収集・整備、情報公開ツール作成、将来構想案検討を行った。
濤沸湖湖面利用調査業務 北海道 小清水町 濤沸湖でのカヌー利用検討に向け、既存資料整理、有識者ヒアリング、野鳥利用実態把握、住民説明会を実施し、ワイズユース試験運用時の運用案、ルール案を作成した。
西別湿原ヤチカンバ群落地調査業務委託 北海道 別海町 北海道指定天然記念物の西別湿原ヤチカンバ群落地で、ドローンを用いた空中撮影、群落組成調査、植生図作成を行い、ヤチカンバの分布等を確認した。
獣害防除学 講師 北海道 帯広畜産大学 「農業共生圏高度専門家育成事業」に講師を派遣し、「獣害防除学」と題して獣害及び狩猟現状や関係法律、獣害対策におけるポイント等の講義を実施した。
令和元年度白神山地ニホンジカ対策検討業務 青森県、秋田県 環境省 今後、シカの定着等により遺産地域への影響が懸念されるため、植生への影響把握や段階に応じた対策検討、シカのモニタリング計画・試行、移動経路の解析等を行った。
平成31年度特別天然記念物カモシカ北奥羽山系保護地域特別調査 青森県 青森県 文化庁発行「カモシカ保護管理マニュアル」に従い、生息状況調査、生息環境調査、通常調査結果の整理、個体群動向に関する資料収集と分析を行った。
令和元年度宮城県ツキノワグマ大規模生息域調査業務 宮城県 宮城県 小規模カメラトラップ、植生調査による県内の大規模生息域の範囲の推定及び次年度に予定されている個体数推定業務の際のカメラトラップ設置箇所の検討等を行った。
平成31年度野生鳥獣対策強化事業業務委託 宮城県 仙台市 ツキノワグマの出没、被害発生時直後の現地調査を実施し、住民への被害対策を助言・指導した。また、啓発講座等を開催した。
生物多様性保全推進事業~せんだい生きもの交響曲~に係るイベントの講師 宮城県 仙台市 小学生等を対象として、主に鳴く虫を中心とした観察会の講師を行った。
令和元年度ツキノワグマ生息等調査業務委託 福島県 福島県 県内2地域においてカメラトラップ調査を実施し、空間明示最尤法を用いた密度推定及び県内の生息数推定を行った。県主催の検討会での説明を行い、次年度計画を検討した。
令和元年度ツキノワグマ生息状況に係るブナ等堅果類豊凶調査業務 福島県 福島県 ツキノワグマの生息環境把握の一環として、秋期の主要な餌資源であるブナ等堅果類(ブナ、ミズナラ、コナラ)の豊凶状況について調査を行った。
太田川底生動物などソーティング・同定業務 福島県 国立環境研究所 放射性物質放出後の淡水魚の餌となる底生動物相について同定し、影響を検討するうえでの基礎資料を作成した。
音声データをもとにしたカエル類の種判別業務 福島県 国立環境研究所 耕作が停止した地域の生態系情報として、福島県の避難指示区域において録音されたデータから、カエル類種判別による出現種データリストを作成した。
令和元年度福島県震災被災地とその周辺で採集された昆虫類等のソーティング・同定業務 福島県 国立環境研究所 福島県の東日本大震災被災地とその周辺において採集された、無人化及び復興による生態系変化の指標となる昆虫類のモニタリング調査を行った。
昆虫標本収蔵手続支援業務 福島県 国立環境研究所 福島県の被災地生態系モニタリング調査で採集されたハエ目標本の整理を行った。
令和元年度(2019年度)茨城県希少野生生物分布調査事業業務委託 茨城県 茨城県 平成27年に国内希少野生動植物種に指定されたツクバハコネサンショウウオの保全対策検討のため、生息状況等の調査を行った。
令和元年度日光国立公園戦場ヶ原植生復元施設事業 栃木県 環境省 シカ侵入防止柵内に侵入・生息するシカによる戦場ヶ原湿原への植生への影響を検討するため、区画法及びドローンにより全頭数調査を行った。
平成31年度栃木県内におけるアカカミアリ等分布調査業務 栃木県 環境省 アカカミアリの発見地点周辺2km程度範囲内を対象とし緊急的に分布確認調査を行った。
令和元年度東京港で確認されたヒアリ類に対する緊急分布調査業務 東京都 環境省 東京港青海ふ頭において発見されたヒアリについて、発見地点周辺における緊急的な分布確認調査を行った。
令和元年度東京港で確認されたヒアリ類に対する緊急分布調査業務(その2) 東京都 環境省 東京港品川ふ頭において発見されたヒアリについて、発見地点周辺における緊急的な分布確認調査を行った。
令和元年度東京港で確認されたヒアリ類に対する緊急分布調査業務(その3) 東京都 環境省 東京港青海ふ頭において新たに発見されたヒアリについて、発見地点周辺における緊急的な分布確認調査を行った。
令和元年度東京港で確認されたヒアリ類に対する緊急分布調査業務(その4) 東京都 環境省 東京港青海ふ頭において新たに発見されたヒアリについて、発見地点周辺における秋季の緊急的な分布確認調査を行った。
令和元年度東京港で確認されたヒアリ類に対する緊急分布調査業務(その5) 東京都 環境省 東京港青海ふ頭において新たに発見されたヒアリについて、発見地点周辺における1月の緊急的な分布確認調査を行った。
令和元年度東京港におけるヒアリ確認に係る緊急対応支援等業務 東京都 環境省 東京港における調査とともに全国港湾における調査について、情報を集約し、資料整理を行うとともに、専門的な見地から必要な助言を行った。
令和元年度皇居外苑の活用のあり方検討支援等業務 東京都 環境省 旧皇室苑地等としての価値を高め、一層の魅力向上と活用を推進するため、今後の活用のあり方について基礎的な検討を行った。
令和元年度皇居外苑濠等ホタル個体数把握調査業務 東京都 環境省 皇居外苑濠の牛ヶ淵・桔梗門周辺の石垣という特殊な環境に生息し、個体群絶滅のリスクの高いヘイケボタルを対象に、発生状況の把握調査を行った。
平成31年度小笠原地域自然再生事業再整備計画策定業務 東京都 環境省 小笠原独自の固有種と独特の生態系を守るため、ノヤギ、グリーンアノールの侵入防止柵の現状を把握し、再整備計画を策定した。
2019年度ヒアリ等確認調査委託 東京都 東京都 ヒアリ等の侵入経路となっている青海ふ頭、大井ふ頭、品川ふ頭周辺の公園緑地や中央防波堤埋立地において、ヒアリ等外来アリ類の調査を実施した。
令和元年度三宅島における東京都自然ガイド講習実施業務委託 東京都 東京都 三宅島雄山においてガイド制度を定着させ、東京都版エコツーリズムの推進を図るために、新規ガイド養成講習会の企画と講習会を行った。
生物多様性推進業務支援事業 東京都 千代田区 ちよだ生物多様性推進プランの推進のために、大径木保存制度検討、ちよだ生物多様性大賞運営支援、生きもの観察会、区民参加のモニタリング調査等を実施した。
平成31年度水生生物調査委託 東京都 大田区 環境把握と環境教育等の基礎資料となるよう区内の河川等5水域で、魚類・底生動物調査2回、春秋の渡り、繁殖期、夏期、越冬期に鳥類調査を実施した。
令和元年度横浜港で確認されたヒアリ類に対する緊急分布調査業務 神奈川県 環境省 横浜港山下ふ頭において発見されたヒアリについて、発見地点周辺における緊急的な分布確認調査を行った。
令和元年度県営林道猿沢支線自然環境調査業務委託 神奈川県 神奈川県 林道の新たな路網整備に係る影響範囲において、動植物に関わる自然環境調査を行い、基礎情報を収集した。
令和元年度森林現況予備調査委託業務(その1) 神奈川県 神奈川県 川崎市内の住宅地や学校等の周辺の森林について、防災及び生活環境改善等の視点から、森林環境譲与税を活用した森林整備の優先度調査を実施した。
平成31年度 生物多様性に配慮した緑化指針(案)の推進業務委託 神奈川県 神奈川県 前年度策定した森林土木工事における生物多様性に配慮した緑化工指針(案)について、関係職員向け研修会を実施し、意見を反映した指針を策定した。
令和元年度カメラトラップ法等によるツキノワグマの個体識別調査委託業務 神奈川県 神奈川県 カメラトラップ法とともにヘアトラップ法を試行し生息状況調査を行った。試行調査法の課題等の整理を行うとともに、ツキノワグマの個体情報を取得した。
令和元年度宮城野林道法面緑化工調査業務委託 神奈川県 神奈川県 生物多様性に配慮した遅速緑化工の中標高地における凍上影響等耐久性を調査し、多様性に配慮した適切な緑化工法検討のための基礎資料を得た。
小机城址市民の森ほか2か所動植物調査業務委託 神奈川県 横浜市 保全管理計画の策定が予定されている市民の森等を対象に、目標環境の設定やモニタリングに必要とされる各種動植物調査を実施し、評価を行った。
川崎駅周辺地区緑化推進重点地区計画改定基礎資料作成業務委託 神奈川県 川崎市 緑化推進重点地区である川崎駅周辺地区について、令和2年度の改定計画に向け、現況を整理し方針、基本目標等を検討した基礎資料を作成した。
生物多様性かわさき戦略改定に向けた検討業務支援委託 神奈川県 川崎市 生物多様性かわさき戦略の改定に向けた初年度の取り組みとして、戦略の進捗を踏まえて補強・見直しに係る基本的事項、リーディングプロジェクトの提案を行った。
新百合丘地区緑化推進重点地区普及啓発業務委託 神奈川県 川崎市 地域の人々が緑地に目を向けるきっかけとなることや緑に対する関心を高めることを目的として、イベント等市民活動情報を収集し広報資料を作成した。
令和元年度妙高戸隠連山国立公園協働型管理運営推進業務 新潟県 環境省 地域住民との協働によるエコツアーの活性化に向け、協議会とともに地域と一体となった国立公園の協働型管理運営の促進に関する計画策定を行った。
平成31年度伏木富山港におけるヒアリ侵入状況確認踏査等業務 富山県 環境省 伏木富山港においてヒアリの侵入状況確認調査を行うとともに、市町村及び関係事業者等を対象としたヒアリに関する講習会を実施した。
アライグマ防除講習会等 石川県 石川県 県内基礎自治体のアライグマに関する担当者に対しアライグマの生態等の講義を行った。また、小松市及び能美市で開催された防除講習会においても講義を行った。
令和元年度長野県におけるクビアカツヤカミキリ生息調査等業務 長野県 環境省 長野県において果樹や自然公園への被害が懸念されるクビアカツヤカミキリの侵入状況調査及び自治体、農業関係者への講習会を行った。
平成31年度南アルプス国立公園ニホンジカ対策モニタリング及び植物生育状況調査業務 長野県 環境省 高山・亜高山帯におけるニホンジカの生態系への影響を把握するため、生息密度調査、植物調査を実施した。
令和元年度 外来生物対策ガイドブック作成業務 長野県 長野県 長野県における外来種の対策推進のため、対象種30種についての生態や識別ポイント、防除方法等をまとめた「長野県版外来種対策ハンドブック」を作成した。
令和元年度白山国立公園における指定植物選定業務 岐阜県、福井県、石川県 環境省 生物多様性国家戦略2012-2020の施策の1つである、国立公園における指定植物の見直しについて、白山国立公園における指定植物リスト(案)の作成を行った。
令和元年度県営林(県民の山No.74)ニホンジカ生息調査委託業務 岐阜県 岐阜県 生息数生息域ともに増えているシカの被害対策検討のため、糞塊密度法及び自動撮影カメラによって、県有林における生息状況調査を行い、基礎資料としてとりまとめた。
アルゼンチンアリ調査等業務委託 岐阜県 坂祝町 坂祝町内でのアルゼンチンアリの根絶または生息数削減のため生息範囲調査及び防除等を行い、その結果についての評価を行った。
東白川村(越原地区)森林配置計画策定に係る現地調査委託業務 岐阜県 東白川村 村内の森林について、現況植生の区分図を作成し、森林計画図を重ね合わせて、木材生産、環境保全、観光景観、生活保全の4つの林に区分した図面を作成した。
平成31年度動植物モニタリング調査業務 静岡県 浜松市 市域の生物多様性の状況の推移を把握するため、ヤリタナゴ、マツカサガイ、ムラサキミミカキグサ、キキョウ、タンポポ類についてモニタリング調査を行った。
クリハラリス調査捕獲及び捕獲プラン策定業務委託 静岡県 浜松市 クリハラリス(特定外来生物)を根絶させ、生活および生態系被害等を防ぎ、生物多様性を保全するための「クリハラリス捕獲プラン」を策定した。
令和元年度引佐地域鳥獣被害対策研修会 静岡県 浜松市 「引佐地域におけるサルの行動特性とサル被害の対策」として、調査結果、被害対策について講演を行い、現地で集落環境診断、効果的な手法提案を行った。
富士市ニホンザル行動特性調査業務 静岡県 富士市 富士市の農作物被害の加害獣であるニホンザルの行動範囲等その特性について調査し、被害対策について検討するための基礎資料を作成した。
令和元年度ハヤトゲフシアリモニタリング調査業務 愛知県 環境省 名古屋港のコンテナターミナル等において、ハヤトゲフシアリの生息モニタリング調査を行った。
令和元年度中部地方外来種対策連絡会議及び愛知・岐阜外来アリ対策会議運営補助等業務 愛知県 環境省 外来種対策会議及び外来アリ対策会議について、その開催に伴う会議資料の準備、当日の運営補助等を行った。
稀少動物(猛禽類)調査業務 愛知県 愛知県 猛禽類が生息できる環境を維持し海上の森を保全活用していくため、猛禽類の飛翔状況及び繁殖状況の把握を目的とした調査を行った。
新あいち生物多様性戦略調査検討業務 愛知県 愛知県 次年度に予定されている「新あいち生物多様性地域戦略」の策定に向け、愛知県全域の生態系ネットワーク形成に向けた保全すべき地域や取り組みの方向性の検討等を行った。
海上の森の確認種リスト調査・作成業務 愛知県 愛知県 海上の森で実施されてきた各種アセスや調査で確認された動植物について、確認種リストを作成した。
名古屋港ヒアリ等調査等業務委託 愛知県 名古屋港管理組合 名古屋港のコンテナターミナル等において、ヒアリ及びアカカミアリの生息モニタリング調査を行った。
令和元年度農業水利施設等における動植物被害対策調査業務 三重県 東海農政局 自動撮影カメラを用いた獣害発生状況の把握及び被害要因の解明とともに、効率的効果的な被害防止対策実施のため、対策効果や維持管理等について情報収集しとりまとめた。
令和元年度大台ヶ原の持続可能な利用推進の検討等業務 三重県、奈良県 環境省 西大台利用調整地区及び大台ケ原地区の利用に関する基礎的データの収集・分析、登録ガイド制度の活性化や改善策、管理運営上の課題の検討、協議会運営等を行った。
平成31年度京都府亀岡市におけるアユモドキ保全調査等業務 京都府 環境省 アユモドキの生息域外保全として人工繁殖を実施した。繁殖・生息地候補の環境を調査し、補強・再導入先となり得る場所を検討し、保全策の検討を行った。
令和元年度京都市自然環境現況基礎調査等業務 京都府 京都市 次期京都市生物多様性プラン策定に向け、市内農耕地の自然環境調査、市民による自然環境調査の補助となる調査手引書の作成、検討部会開催の補助等を行った。
有害鳥獣捕獲に係るICTを活用したパトロールシステム構築事業 京都府 京都市 市街地周辺での有害獣の捕獲強化を目的にICTを活用した通信システムを構築し、捕獲従事者の見回り等の労力軽減、効果的・効率的な捕獲を推進した。
令和元年度環境学習施設に係るビオトープ等植栽及び育成並びに関連環境学習プログラム等検討及び実施業務 京都府 京都市 環境学習施設「さすてな京都」におけるビオトープの植栽内容の検討や、植栽する地域産植物の育成、それらを活用した学習プログラムの検討・実施等を行った。
能勢町生物多様性保全推進支援事業委託業務 大阪府 能勢町 「能勢の里山活力創造戦略」の推進のために、能勢町民と近隣都市の住民との連携及び能勢町の自然資源を広く普及啓発するためのイベントの企画・運営支援を行った。
海岸・河口域自然生態調査業務委託 兵庫県 明石市 明石市生物多様性戦略検討に資するため、明石市の海岸・河口域の様々な環境における生物相を調査し、結果をとりまとめるとともに、データベース登録を行った。
令和元年度関西の活かしたい自然エリア保全・活用業務 兵庫県 関西広域連合 関西地域における生物多様性保全上重要なエリア(関西の活かしたい自然エリア)を活用したエコツアーの試行や、コース作成に関わる検討会の企画・運営支援等を行った。
令和元年度大山隠岐国立公園(隠岐島、島根半島、三瓶山地域)公園計画点検GISデータ作成補助等業務 鳥取県、島根県 環境省 大山隠岐国立公園(島根県地域)の公園計画点検のため、GISを用いて公園計画図等の図面を作成するとともに、必要に応じて各種面積集計等を行った。
令和元年度マリンワーカー事業(大山隠岐国立公園島根県地域海域公園地区等区域表示更新業務) 鳥取県、島根県 環境省 大山隠岐国立公園(島根県地域)の国立公園境界を、地形図の精度向上に合わせてGIS上で補正し、国立公園区域図を作成した。
外来種問題の普及啓発に係る講師の派遣業務 岡山県 岡山県 「環境衛生民間指導者研修会」において「外来種が起こす問題とは」という演題で外来種の普及啓発に関する1時間の講演を行った。
外来種に関する普及啓発用パネルの原稿作成業務 岡山県 岡山県 小学校中学年以上を対象に、外来種について正しい知識を持ってもらい、外来種被害予防三原則を実施してもらうための普及啓発用パネル原稿を作成した。
希少野生動植物及び外来生物の生息状況把握調査等業務 広島県 福山市 福山市内に設定した4地区でセアカゴケグモとアリ類の調査を実施し、セアカゴケグモの分布及び防除の留意点、アリ類からみた福山の自然について考察を行った。
令和元年度アルゼンチンアリ緊急分布調査業務 広島県 福山市 福山市で発見したアルゼンチンアリについて、分布範囲を確定するための調査を実施した。分布の中心及び範囲を確定し、防除で留意すべき点を整理した。
サル被害対策プログラム作成業務 徳島県 徳島県 サルによる農作物被害に対し、鳥獣被害対策指導員や農業者及び地域住民が地域ぐるみで取り組むことができる対策を体系的に整理し、プログラム冊子(原稿案)を作成した。
令和元年度瀬戸内海国立公園(香川県地域)公園計画点検GISデータ作成補助等業務 香川県 環境省 瀬戸内海国立公園(香川県地域)の公園計画点検のため、GISを用いて公園計画図等の図面を作成するとともに、必要に応じて各種面積集計等を行った。
福岡県アライグマ防除講習会委託業務 福岡県 福岡県 市町村職員を対象に特定外来生物アライグマの防除講習を実施し、アライグマ防除実施計画の策定及び策定後の制度の活用を支援した。
イノシシ対策検討業務委託 福岡県 福岡市 センサーカメラ等でイノシシの生息調査を行い、生息数を推定し、効果的な対策の提案を行った。
令和元年度 みなと香椎1丁目地内外2箇所 ヒアリ等調査業務委託 福岡県 福岡市 福岡市内へのヒアリ等の定着防止の水際防除対策の一環として、博多港アイランドシティ周辺におけるヒアリ等の侵入状況を把握した。
平成31年度ふくおかレンジャー講座運営業務委託 福岡県 福岡市 生物多様性に関する取り組みを企画し実施する「ふくおかレンジャー」を養成し、環境保全活動が継続的に行われるよう支援した。
令和元年度(2019年度)熊本県アライグマ生息状況調査業務委託契約書 熊本県 熊本県 各市町村がアライグマの集中的な捕獲に取り組めるよう、県が生息確認調査を実施し、情報を共有した。
指標種モニタリング(セミ類)講習会及びデータ整理業務委託 熊本県 熊本市 「熊本市生物多様性戦略」の取り組みにつながる市民等の参加及び連携・協働で行う指標種モニタリング(セミ類)を実施した。
熊本市アライグマ生息状況調査等業務委託 熊本県 熊本市 フィールドサイン調査及び自動撮影カメラ設置によりアライグマの生息状況及び被害状況を把握した。
令和元年度やんばる国立公園管理運営計画検討業務 沖縄県 環境省 希少な動植物が生息・生育する生態系を保全し、地域のくらしと文化の維持継承を目的として、やんばる国立公園の管理運営計画素案を策定した。
平成31年度「いきものログ」運営及び広報等業務 全国 環境省 「いきものログ」への情報提供促進のために、広報、ユーザ支援(メールマガジン配信、同定支援、講習会対応)、アクセス解析等、効果的な事務局運営を行った。
令和元年度ヒアリ等の非意図的外来種侵入対策に関する普及啓発業務 全国(特定の地域) 環境省 全国7都市において、ヒアリの生態、防除等の理解を深め、また普及啓発の機会となる講習会を実施した。


ページの先頭へ戻る