サービス内容

平成30年度生き物調査業務委託事業主:川崎市 | 地域:神奈川県 | 実施:2018.

生物多様性保全に向けて、川崎市内の3つの生態系エリア(樹林地、農地、多摩川、用水など)で四季を通じた動植物調査を実施し、経年比較を行った。

平成30年度指定管理鳥獣生息状況調査委託業務事業主:神奈川県 | 地域:神奈川県 | 実施:2018.

三浦半島地域においてイノシシの痕跡や獣道等の調査、聞き取り調査等を行い、わなの設置可能個所などを検討し、適切な捕獲に向けての情報を収集した。

平成30年度宮城野林道法面緑化工調査業務委託事業主:神奈川県 | 地域:神奈川県 | 実施:2018.

宮城野林道(神奈川県)において、凍上等に耐久性があり、かつ生物多様性に配慮した緑化工の開発に向けて、試験施工区の調査を行った。

平成30年度ハンター育成事業委託事業主:松田町 | 地域:神奈川県 | 実施:2018.

若手や女性等新たにハンターを目指す者の掘り起こし・育成のために、まつだハンター塾、解体体験会、広域防護柵の修繕講習等を実施した。

平成30年度市域内自然環境等情報整理業務委託事業主:川崎市 | 地域:神奈川県 | 実施:2018.

川崎市と企業との連携に向け、市民活動団体及び企業の保全活動情報を整理するとともに、企業の生物多様性保全活動に関する提案を行った。

「新百合丘地区緑化推進重点地区計画」改定業務委託事業主:川崎市 | 地域:神奈川県 | 実施:2018.

策定後15年が経過した緑化推進重点地区計画について、緑の現況の確認、事業の効果等を検証し、市民と行政の協働による改定計画を策定を支援した。

平成30年度空中撮影による鳥獣の出没状況の把握に係る委託業務事業主:神奈川県 | 地域:神奈川県 | 実施:2018.

鳥獣被害の発生防止に向けた取り組み支援のために、ドローンによる空撮(昼間・夜間赤外線)を行い、センサーカメラの結果と合わせ、面的な出没状況を把握した。

平成30年度生物多様性に配慮した緑化工指針の作成業務委託事業主:神奈川県 | 地域:神奈川県 | 実施:2018.

生物多様性に配慮した緑化工の基本方針、目標植生の検討、施工地に適応した工種・工法の選定方法の整理を行い指針案を策定した。

平成30年度アライグマ防除マニュアル改定業務委託事業主:石川県 | 地域:石川県 | 実施:2018.

県で作成しているアライグマ防除マニュアルについて、鳥獣保護管理法による変更や県内捕獲データ等の更新によりアライグマ防除マニュアルを改訂した。

平成30年度水道水源林管内ニホンジカ生息状況等調査委託事業主:東京都 | 地域:山梨県 | 実施:2018.

水道水源林管内のシカの被害対策等を効果的に実施するために、基礎データとなる生息密度、繁殖状況、植生及び個体群の動向を調査した。

平成30年度南アルプス国立公園ニホンジカ対策モニタリング調査業務事業主:環境省 | 地域:山梨県、静岡県 | 実施:2018.

シカの生息情報、植生等の各種モニタリング調査の結果を踏まえ、ニホンジカ対策方針に基づく実施対策の効果を検証し、今後の対策の検討を行った。

平成30年度妙高戸隠連山国立公園協働型管理運営推進業務事業主:環境省 | 地域:長野県 | 実施:2018.

地域と一体となった協働型管理運営の促進のために、景観づくり勉強会、エコツアー商品開発、サインデザイン検討、ロングトレイルルート検討等を行った。

平成30年度県立自然公園等活用検討業務事業主:長野県 | 地域:長野県 | 実施:2018.

自然公園や自然環境保全地域等の新規指定に向けて、これからの時代にふさわしいゾーニング制度のコンセプトの策定及びその実現手法を検討した。

平成30年度第二種特定鳥獣管理計画(第5期カモシカ保護管理)策定調査業務事業主:長野県 | 地域:長野県 | 実施:2018.

第二種特定鳥獣管理計画(第5期カモシカ保護管理)策定のため、アンケート調査、現地調査(区画法、糞塊法等)等を実施し、カモシカ生息状況、被害及び被害対策状況等を整理した。

東白川村(神土地区)森林配置計画策定に係る現地調査委託業務事業主:東白川村 | 地域:岐阜県 | 実施:2018.

100年後の望ましい森林の実現を目的とする「100年の森林づくり構想」策定に向けて、東白川村の森林の現況把握調査を実施し、将来目標区分図等を作成した。



ページの先頭へ戻る