地中へ浸み込んだ雨や雪は、多くの地層を経てゆっくりゆっくり濾過されます。
地下の旅路は、時には数十年の歳月を要することも!

再び地上へ現れた時には、湧き水として、野山を、
そして生きものたちの乾いたのどを潤し、川や池へと注ぎます。

人々もこの大地の恵みを讃え、神様を祀り、くらしの様々な場面で利用してきました。

清浄な水場は今も、肥沃な大地をはぐくみ、現代人の心を癒し続けています。
いつまでも大切に守っていきたいですね。


    

株式会社地域環境計画