サービス内容

見える化コンサルティング自然の見える化

的確な地図で解析と考察・提案を実現

自然環境分野に精通したGIS(地理情報システム)技術

GIS(地理情報システム)は交通や防災、マーケティングの分野で広く使われています。
ちいかんでは、特に自然環境分野に精通したGIS技術者が解析を行います。
生きものを解析する上で最もふさわしいデータの作成手法や、効果的な解析計画を、お客様にご提案できます。

自然環境調査技術+統計解析+地理情報技術

お客様に活用していただくための解析

さまざまな解析方法を使いこなしたとしても、できあがった情報を正確に読み取れなければ意味がありません。ちいかんでは生物技術者(生きものの専門家)とGIS技術者(データ解析の専門家)がチームを組み、ひとつのプロジェクトに対して、最後まで同じメンバーが関わることにより、実現性の高い総合的なコンサルティングを行います。

  • 解析ミーティング
  • 解析ミーティング

他の環境調査会社やコンサルティング企業にはない、現地調査から解析結果の考察・提案までを含めた、ワンストップサービスをご提供できます。

  • 標高データによる地形の把握
    標高データによる地形の把握
    通常の地図ではわからない情報の把握が可能
  • 生きものの生息ポイントからの距離を地図化
    生きものの生息ポイントからの距離を地図化
  • 鳥などの飛翔データの集計
    鳥などの飛翔データを集計し
    行動の特徴や重要な地域を推定
  • 地形データ
    地形データからは日照量や水の流れをシミュレート。
    植物の生育適地を計算し移植や保護に活用。
見える化の事例

猛禽類保全のために営巣に適した場所を推定する(オーバーレイ解析)

オーバーレイ解析

抱える問題
開発予定の地域全体で、猛禽類が受ける影響を予測しなければなりません。予定地の面積は広く、地形も複雑で、全体を歩いて調査することはできません。
解決方法
猛禽類がどこに巣を作るのか、調査を行う前にGIS(地理情報システム)を使って、効果的に影響予測をすすめます。
解析による効果
開発予定地全体を踏査するよりも、費用を抑えることができます。また、他の情報が書かれた地図と重ね合わせることで、猛禽類が受ける影響をビジュアル化することができます。

こうしてさまざまなアプローチからつくられた自然環境の解析情報は、ちいかんが提供する獣害対策のコンサルティング、生物多様性地域戦略の立案のお手伝いなど、さまざまな用途に使われることになります。




ページの先頭へ戻る