最新情報

博多湾生きものネットワーク(HBN)の活動成果を福岡市の環境学習施設「まもるーむ福岡」にて公開しています。

2018.04.06  イベント・キャンペーン, CSR関連情報

福岡市の市民団体「博多湾生きものネットワーク(HBN)」(代表:印部善弘 (株)地域環境計画九州支社長)は、福岡市保健環境学習室「まもるーむ福岡」の活動展示コーナーにて、これまでの活動や標本、出版物等の紹介を行います。

HBNは、身近な動植物の観察により自然環境の現状を把握し、情報発信を行うことで、環境共生社会の実現に貢献することを目指し活動している福岡市の市民団体です。ちいかんは団体の趣旨に賛同し、調査機材の貸出や冊子発行に際して支援を行っています。

今回の主な展示は、これまでの活動の成果をまとめたミニ図鑑と、打ち上げ貝類の標本です。「博多湾の打ち上げ貝類」は、種数を大幅に増やし、3年振りに発行される増訂版を展示する予定です。

現在展示中の博多湾の打ち上げ貝類の標本

現在展示中の博多湾の打ち上げ貝類の標本

 

博多湾生きものネットワーク活動展示詳細
展示期間

 2018年5月31日(木)まで

場所

 福岡市保健環境学習室まもるーむ福岡
 (福岡市中央区地行浜2丁目1-34 保健環境研究所1階)
 活動展示コーナー

開館時間

 10:00~17:00(月曜休館)

入館料無料
関連リンク
福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡 活動展示コーナー

 http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/m-room/taiken/katudou.html

博多湾生きものネットワーク

 https://sites.google.com/view/hakatabaynet

本ニュースリリースのURL

 http://www.chiikan.co.jp/news/201804066515/



ページの先頭へ戻る