最新情報

- 清流にヒーリングボイスが響く街を将来へ -
報道番組・カジカガエル特集の取材に協力しました。

2017.06.09  ニュース・プレスリリース, メディア紹介

東日本放送(TBC)様の番組企画「カジカガエルの特集」(6月2日放送)において、当社東北支社の社員が専門家として取材に協力しました。

 

皆様はカジカガエルの鳴き声を耳にされたことがあるでしょうか。
カジカガエルは日本の固有種で「フィー、フィー」という鹿のような美しい鳴き声から「河鹿蛙」とも表現されます。
古くは万葉集にも「かはずの鳴き声」を詠んだ歌が残っているなど、先人とともに暮らし愛されてきたカエルです。

カジカガエルは清流をすみかとし、大都市の市街地でみられることは珍しいのですが、仙台市内を流れる広瀬川での生息が確認されています。
市街地で美しい鳴き声が楽しめるということで、「広瀬川のカジカガエルと野鳥」は、環境省「日本の残したい音風景100選」にも選定されています。

広瀬川のカジカガエル

広瀬川のカジカガエル

 

仙台市では、市街地に近接しているカジカガエルとその生息環境である清流や里地里山の魅力を市民に知ってもらうことが、この風景を将来に残すことにつながると考え、情報の発信や市内での生息情報の情報募集などの活動を行っています。

当社は仙台市環境共生課の委託により、カジカガエルの生息状況の調査やドローンを用いた周辺環境とのネットワーク調査等を実施し、カジカガエルが好む環境を広げていくお手伝いをしています。

わたしたちは、このような活動の情報がメディアをつうじて広がることで、市民の皆様が地域の自然に目を向けるきっかけになればと考えています。

 

放送について

TBC 東日本放送「Nスタみやぎ」月~金 夕方14:30~

カジカガエルの特集は 2017年 6月2日(金)に放送されました。

カジカガエルを手にしながら説明する当社社員(写真左)

カジカガエルを手にしながら
説明する当社社員(写真左)



ページの先頭へ戻る