最新情報

海辺のお花畑を、未来に伝えよう
海岸きずなプロジェクトII に参加します。

2016.05.19  イベント・キャンペーン

海岸きずなプロジェクトII

海岸きずなプロジェクトII

東日本大震災による大津波から5年。仙台湾沿岸では様々な復興事業が続き、被災した海辺の生きものたちも、徐々にではありますが復活してきています。

このたび、復興工事跡地の生態系再生を支援する「海岸きずなプロジェクトII 海辺のお花畑を、未来に伝えよう」が開催されます。
株式会社地域環境計画東北支社(宮城県仙台市)は生きものの専門家として参加協力します。

本イベントは、仙台市の南蒲生(みなみがもう)で海岸域の生態系の変化について震災直後から調査を行っている「南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングネットワーク」が中心となって企画したものです。
砂浜海岸エコトーンの最前線である「砂浜」は、津波による物理的な破壊を受けた後には、防潮堤の工事等の影響を受けている場所です。
このような場所で、砂浜植物の代表であるハマヒルガオが咲く時期に、砂浜生態系の観察会と砂丘植物の植栽活動を行います。

復興途上の砂浜海岸やそこに生育する植物にご興味のある方はぜひご参加ください。

海岸きずなプロジェクトII 開催概要
主催

南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングネットワーク
緑を守り育てる宮城県連絡会議
北の里浜 花のかけはしネットワーク
仙台市高砂市民センター
仙台教育技術研究所(浜学校)
ゆりりん愛護会

チラシPDF

海岸きずなプロジェクトII 海辺のお花畑を、未来に伝えよう (PDF:698KB)

日時

2016年6月11日(土) 10:00~14:30

場所

仙台市宮城野区新浜・若林区荒浜の海岸域

参加費

無料(傷害保険加入金は主催者が負担)

次第

10:00 はじまりの会
10:15  「よみがえるお花畑」に会いに行こう!
    新浜海岸で、復興工事で保護・保全された「ふるさとの砂浜生態系」を観察
11:45 昼食・休憩
12:30 海岸林をお花畑にしよう!
    荒浜海岸の海岸林盛土に、現地産の砂浜植物の苗を植栽
14:15 結びの会
14:30 解散

参加申し込み

5月29日(日)までに、参加者全員の「氏名、年齢、住所、連絡先電話番号」をチラシ記載のメールアドレスに送信下さい。折り返し、詳細な実施要綱をお送りします。

関連URL
南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングネットワーク

https://sites.google.com/site/ecotonesendai/

本ニュースリリースのURL

http://www.chiikan.co.jp/news/201605195041/



ページの先頭へ戻る