最新情報

自然環境分野のUAV活用を探求!
バーズアイ・リサーチ研究会が発足しました。

2015.10.15  ニュース・プレスリリース

UAV(無人航空機)は、防災分野や施設点検、土木工事の施工管理など多方面で活用され始めています。 人が立ち入ることの難しい崖地、広大な湿地、樹林の上部、河川の中州等の観察・撮影が可能であり、自然環境分野においても様々な場面で活用できる新しい技術、調査方法として大きな可能性が期待されます。
しかし一方でUAVに関連する事件・事故等が散見され、安全に飛行させる技術や体制の早急な確立が求められています。

このような背景により、自然環境分野におけるUAVの活用技術と安全運用普及を目的として、4社協同により「バーズアイ・リサーチ研究会」を設立しました。

今後、安全飛行のための技術や体制の確立や、活用技術の開発・普及啓発を推進し、操縦技能の認定や最新情報の発信等を行ってまいります。

 

設立総会

設立総会の様子

研究会参加企業(五十音順)

 株式会社 エコリス(宮城県仙台市)
 株式会社 環境アセスメントセンター(静岡県静岡市)
 株式会社 スカイトラック(東京都港区)
 株式会社 地域環境計画(東京都世田谷区)

バーズアイ・リサーチ研究会 事務局

 〒107‐0061東京都港区北青山2-7-20 第2猪瀬ビル2F
 (株)スカイトラック内

★自然環境分野へのUAV活用に関する当社へのご相談は、最寄りの支社までお寄せください。

本ニュースリリースのURL

 http://www.chiikan.co.jp/news/201510154091/



ページの先頭へ戻る