最新情報

環境省主催セミナー「外来種問題を考える」開催(札幌)

2014.02.06  ニュース・プレスリリース, イベント・キャンペーン

外来種問題を考える

環境省北海道地方環境事務所は、2014年2月19日にセミナー「外来種問題を考える」を開催いたします。
本セミナーは、地方自治体や一般市民に対し、外来種問題の現状について理解を深めていただくとともに、早期防除や効果的・効率的な手法による防除活動の推進を図ることを目的としています。
当社は環境省北海道地方環境事務所の委託により、本セミナー運営のお手伝いをしています。

本セミナーのテーマ

人間の活動によって他の地域からもたらされる外来種。中には生息・生育の場や個数を拡大させ、生物多様性を脅かし、農林水産業へ大きな被害をもたらし、人間へ健康被害が懸念されるものもあります。
本セミナーは、現在、北海道で特に深刻な問題を引き起こしている4種の外来種にクローズアップし、外来種問題の現状について理解を深めていただくとともに、国の外来種問題への取り組みなどを知っていただき、効率的・効果的な防除活動の推進を図ることを目的としています。

開催概要

このセミナーは終了いたしました。

セミナー名 外来種問題を考える ~防除研究の最前線&わたしたちにできること~
日時 2014年2月19日(水)14:00‐16:00(開場13:00)
場所 国際ホール(札幌国際ビル8階)
地下鉄さっぽろ駅8番出口すぐ(JR札幌駅地下直結)
定員 100名(入場無料)
申込方法 WEB応募フォーム、E-mailまたはFAX
※運営事務局のサイトをご覧ください。
応募締切 平成26年2月14日(金)
チラシPDF 外来種問題を考える
プログラム

第1部 北海道における外来種問題の現状と課題
-侵略的外来種問題研究の最前線から-
時間:14:05~15:25

池田 透 教授アライグマ

アライグマ

北海道大学大学院文学研究科
池田 透 教授

吉田 剛司 教授ウチダザリガニ

ウチダザリガニ

酪農学園大学農食環境学群・環境共生学類
吉田 剛司 教授

五箇 公一 主席研究員セイヨウオオマルハナバチ

セイヨウオオマルハナバチ

国立環境研究所生物 ・生態系環境研究センター
五箇 公一 主席研究員

近藤 哲也 教授オオハンゴンソウ

オオハンゴンソウ

北海道大学大学院農学研究院
近藤 哲也 教授

第2部 多様な主体の連携にむけて
15:25~15:45
● 外来種被害防止行動計画(仮称)及び侵略的外来種リスト(仮称)の説明
● 生きものログの紹介 等
環境省

会場アクセス
札幌国際ビル8階 国際ホール

札幌市中央区北4条西4丁目1番地
市営地下鉄さっぽろ駅8番出口横すぐ(JR札幌駅地下直結)
※専用駐車場はございません。公共交通機関等でのご来場をお願いします。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
事務局・お問い合わせ先

株式会社地域環境計画 北海道支社(担当 岡田)
TEL:011-717-8001
E-mail:hkd-office●chiikan.co.jp(●をアットマークに置き換えてください)

関連リンク

環境省北海道地方環境事務所
環境省北海道地方環境事務所の報道発表



ページの先頭へ戻る